立体となった絵本の世界を体感
「駒形克己 え!ほん展」
●4/23(土)~6/26(日)

駒形克己 え!ほん展

造本作家でデザイナーの駒形克己さんの絵本の世界に飛び込める「駒形克己 え!ほん展」が、2022年4月23日(土)~6月26日(日)におかざき世界子ども美術博物館で開催されます。国際的にも注目されている駒形さんの絵本は、色や形、手触りなど”感じること”を大切にした楽しい工夫がいっぱい!本展ではそんなすてきな絵本の世界が、ページをめくるような気持ちで楽しめます。

もくじ

7つの絵本の世界を大冒険

7つの絵本

展覧会のモチーフになっているのは7つの絵本。親を探して歩き続けるヒヨコの小さな旅の物語を描いた『Yellow to Red』。森をぬけ、丘をこえ、川から湖、そして畑へと、風が運んでいく音を描いた『かぜがはこぶおと』など。紙の質感や色合いなど、紙本来の美しさを最大限に生かして表現された独特の世界観に魅了されます。

自分だけの作品が作れるワークショップも

6月26日(日)には、駒形さんと一緒に色画用紙でオリジナル作品を作れるワークショップが開催。

ワークショップ「あつめてひとつ」
ワークショップ「あつめてひとつ」

色画用紙の中から2色の色画用紙を選び、1つは台紙に、もう1つは切り貼りして作品を作ります。「けっしてゴミをださないこと」がルール。切り残した紙が出ないように工夫して作品を作り上げます。

日程6月26日(日)14:00~16:00
場所2階視聴覚室
講師駒形克己さん(造本作家・デザイナー)
定員20組
対象6歳以上とその保護者(大人1人での参加も可)
参加費500円
申し込み6月9日(金)10:00~電話にて受付(先着順)

駒形さんの講演会も楽しみ!

駒形さんの絵本がどのように生まれているのか。絵本誕生の秘話が聞ける講演会は5月22日(日)に開催されます。

講演会「本がうまれるプロセス」
講演会「本がうまれるプロセス」

色画用紙の中から2色の色画用紙を選び、1つは台紙に、もう1つは切り貼りして作品を作ります。「けっしてゴミをださないこと」がルール。切り残した紙が出ないように工夫して作品を作り上げます。

日時5月22日(日)14:00~16:00 ※開場は13:00~先着順
場所2階視聴覚室
講師駒形克己さん(造本作家・デザイナー)
定員50人(先着)
参加費無料

驚きと発見の出会いが盛りだくさんの「え!ほん展」。駒形さんの絵本の世界に浸ってみては。

駒形克己 え!ほん展
日程4月23日(土)~6月26日(日)
開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
場所おかざき世界子ども美術博物館(愛知県岡崎市岡町鳥居戸1−1)
休館日毎週月曜(ただし5月2日は開館)
祝日の翌日(5月6日)
観覧料高校生以上600円、小中学生100円
アクセス東名高速道路「岡崎IC」より車で約10分
駐車場あり(無料)
問い合わせTEL 0564-53-3511(岡崎地域文化広場)

https://www.city.okazaki.lg.jp/300/305/p034837.html

シェアしてね!

新着情報

新着情報
もくじ
閉じる