編集部が見た「あいちトリエンナーレ2016」
#13 デザイン視点で、愛知の“いいもの”を再発見

ディアンドデパートメントプロジェクト/2000年東京都にて設立/国内11+ソウル(韓国)計12拠点
 
img_9339
 
1人の読者として、また編集者として。47都道府県のデザイン視点のトラベルガイドを出版している「ディアンドデパートメントプロジェクト」の展示は、個人的にも楽しみのひとつでした。展示では書籍でも取り上げた場所や人の紹介のほか、編集者が愛知滞在中に出合ったモノが並んでいました。が、なかでも私が見入ってしまったのは、直筆のイラストや取材ノート! 愛知の魅力を書き込んだ手描きマップは眺めているだけでワクワクがとまらず、絵やイラストが好きな人なら、見惚れてしまうこと間違いなし。取材ノートの美しさには、自分のノートとの違いにおののくしかなく……見習いたい一心です。編集者の誠実な姿勢があらわれた、素敵な展示でした。
 
展示場所:愛知県芸術文化センター 愛知県美術館 8F
 

シェアしてね!

新着情報

新着情報
もくじ
閉じる