体験

「しょく」=食、職、触。さまざまな情報を手に入れることがたやすくなった今の時代においても、生の体験、実際に自分の手で触れることを大事にしていきたい。1人でも、友人やお子さんとでも。「触れる」魅力を宝物に。

 
Syokuiku_04-09
 
とある店で目にした、組子で作られたコースターと鍋敷き。一目見て、「なんて美しい模様だろう!」と胸が高鳴りました。組子ってなんだろう?と調べてみると、釘を使わずに、木を組み付けて意匠(模様)を作り出していく伝統技術(詳しくはトーカイ・プロダクト・ストーリーでも紹介しています)。手がけているのは、三重県三重郡菰野町にある指勘建具工芸。しかも、指勘建具工芸では、毎月第3土曜に組子体験を開催しているとのこと! さっそく組子制作を体験しに伺いました。
 
 
 
意外にも、難しい模様を選んでしまった編集部2人…!
 
Syokuiku_04-01
 
体験できるのは、組子の鍋敷き制作。まずはデザインを5種から選びます。私、編集部の広瀬良子は写真中心上の桜亀甲を、一緒に行った永田はその下の弁天亀甲を選びました。「2人とも、難易度の高い模様を選びましたね!」と指勘建具工芸・三代目の黒田裕次さん。そうなんですか…! 編集部2人、少し不安を覚えつつも、やはり最初に気に入った柄で制作を進めることに。
 
Syokuiku_04-02
 
ベースとなるのがこの材料。切り込みに木片をはめていき、土台となる六角形を作っていきます。単純なようでいて、どう組み合わせたら六角形になるのか構造を把握するのが難しい。理系の頭脳が必要なのでしょうか…(汗)。お手本を見ながら、教えてもらった順に1つひとつはめていきます。ピタッと隙間なくはまるので、はめるごとに達成感が得られます!
 
Syokuiku_04-03
 
Syokuiku_04-04
 
 
次に登場したのが、とても小さな木片。これを18個使います。
Syokuiku_04-05
 
Syokuiku_04-06
 
 
次に小さくて薄い木片も18個集めて、材料がすべて揃いました。
 
Syokuiku_04-07
 
 
 
神経のすべてを指先に集中して――、細やかな作業!
 
ここからが細やかな作業! 小さな木片を切り込みにはめて指で押さえながら…、最後の1つをはめて、1つの三角形内の模様が完成。各木片が切り込みに対して真っ直ぐに入っていないと最後の1つがうまくはまらないし、指で押さえているうちに木片がずれてしまうし…で、小さな木片と格闘すること数分。ピタッとはまったときは思わず「できた~!」と喜びの声がでました。
 
Syokuiku_04-08
 
こちらは永田の制作。3つの木片で三角形を作り(糊は使っていないので、バランスをとってこの形を維持しています!)、この形のまま枠内の切り込みにはめていくという至難の業…! 慣れてくると、だんだん作業がスムーズに。もう、完成間近です。
 
 
Syokuiku_04-09
 
Syokuiku_04-10
 
 
 
木片がピタッとはまるごとに感動!の組子体験
 
組子の鍋敷きが完成~! 指先に神経を集中させながらの細やかな作業は大変でしたが、木片ひとつひとつが隙間なくピタッとはまり、美しい模様ができあがる様子を目の当たりにするのは、感動の連続でした。そして、どうはめていけばこの模様ができあがるのか、まるでパズルを解いていくかのように考えながら。ワクワクと刺激にあふれた体験のひとときでした。指勘建具工芸では、毎月第3土曜に、組子の建具が見ごたえある自宅公開と、組子の鍋敷き体験を実施。興味を持った人はぜひ、足を運んでみてください!
 
 
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop