季節・まち

1人でも友達とでも、カップルでもファミリーでも。“トリップ”といっても気合いを入れて出かける旅ではなく、気ままにふらっと足をのばせるような――。そんな季節を楽しむおでかけリストです。

ゴールデンウイークも間近に迫り、行楽シーズンまっただ中ですね! 名古屋に続々とオープンしているNEWスポットの数々も気になりますが、せっかくの新緑が美しい季節、自然の空気を味わいに「低山ハイキング」なんていかがですか? 山が身近にある東海エリア。電車に乗っていても街にいても景色の中に山が感じられるため、実はハイキング人口が多いエリアでもあるのです。名古屋市中区栄にある登山用品・アウトドア用品専門店「好日山荘」のスタッフで登山好きな本田康之さんに、ハイキングを楽しむポイントや、東海エリアのおすすめ低山を伺いました!
 

seasontrip-4-001
「好日山荘 名古屋栄店」本田康之さん。

 
 
低山ハイキングを楽しむポイントは?
 
本田さんに低山ハイキングの魅力を伺うと――。「やはり景色です。頂上からは普段見られないようなパノラマビューが視界に広がりますし、登っている途中にも季節の花が山を彩っていたり、ゴールデンウイーク頃だと新緑もキレイです」。とくに4月~6月はツツジやリンドウ、アカヤシオ、シロヤシオなど、山に花の多い季節。思わず写真を撮りたくなる景色にあふれています。
 
 
愛知・岐阜・三重のおすすめ低山はここ!
 
低山とは、標高1,000m級の山のこと。最近では標高500~600m以下をスーパー低山、標高1,000m台前後を低山と呼びます。登り下りにかかる時間は、スーパー低山なら1~3時間、低山なら半日程。登山初心者やファミリーでも気軽に登れます。さっそく本田さんに、愛知・岐阜・三重のおすすめ低山を伺いました。標高1,000m台の低山は、ドライブウェイやロープウェイが整備されている場所もあるので、自分の体力に合わせて帰りはバスやロープウェイを利用するという選択肢もアリです。電車とバスでも車でも行ける低山を、“絶景”とともに紹介していきます。
 
 
 
▼スーパー低山 (500~600m以下/所要時間:1~3時間程)
 
葦毛(いもう)湿原と座談山 (愛知県豊橋市)
標高:315m
初心者におすすめルート:二川自然歩道入口~風越峠~座談山~葦毛湿原
“東海のミニ尾瀬”とも呼ばれ、愛知県天然記念物に指定。湿原ならではの景色が醍醐味です。水が常に流れているため、珍しい植物も多種。稜線に上がると開けた場所からは山の稜線をはじめ、遠くに浜名湖や海も望めます。
 
seasontrip-4-002
 
 
継鹿尾山(つがおさん)~鳩吹山(はとぶきやま) (愛知県犬山市・岐阜県可児市)
標高:継鹿尾山273m、鳩吹山313m
初心者におすすめルート(継鹿尾山):寂光院登山口~頂上
初心者におすすめルート(鳩吹山):真禅寺登山口~頂上
初心者におすすめルート(縦走):寂光院登山口~継鹿尾山~鳩吹山~真禅寺登山口
※それぞれの山だけでも登れます。縦走すると所要時間は6時間程。
眼下に広がるのは、日本ライン(木曽川)や、岐阜県可児市・美濃加茂市の町並み。鳩吹山の麓にはカタクリの群生地があり、見頃を迎える3月末頃は大勢の人で賑わいます。
 
seasontrip-4-003
 
 
金華山 (岐阜県岐阜市)
標高:328m
初心者におすすめルート:岐阜公園登山口~岐阜城
1時間程の登山で頂上へ。ロープウェイもあり。頂上には、かつて齋藤道三や織田信長が城主となった岐阜城が復元されています。
 

seasontrip-4-004

 
 
猿投山 (愛知県豊田市)
標高:628m
初心者におすすめルート:猿投神社登山口~トロミル水車~御船石~カエル石~山頂
道が整備されているため、トレイルランニングのコースとしても愛される猿投山登山ルート。頂上からは御嶽山や伊吹山をはじめ、天気がよければ白山も見られます。
 

seasontrip-4-005

 
 
明王山 (岐阜県各務原市)
標高:384m
初心者におすすめルート:猿啄(さるばみ)城跡登山口~猿啄城跡~山頂
各務原アルプス(明王山・向山・権現山)のひとつ。標高265mの山頂には展望台があり、日本ライン(木曽川)や中央アルプス、御嶽山、名古屋ツインタワーなど、360度パノラマが楽しめます。
 
seasontrip-4-006
 
 
 
▼低山 (1,000~1,500m程/所要時間:半日程)
自分の体力に合わせて、下山はロープウェイやドライブウェイを利用するのも良いですね!
 
伊吹山 (滋賀県米原市・岐阜県揖斐郡)
標高:1,377m
初心者におすすめルート:伊吹山駐車場西登山口~山頂
花の百名山にも選ばれ、とくに夏場は百花繚乱。登山気分を少しだけ味わいたいという人は、伊吹山ドライブウェイで9合目のスカイテラス駐車場まで行くという手も。山頂まで500m~1.5km(コースにより異なる)のプチ登山が楽しめます。
 
seasontrip-4-007
 
 
御在所岳・国見岳 (三重県三重郡)
標高:御在所岳1,212m、国見岳1,170m
初心者におすすめルート:裏道~藤内小屋~国見峠~山頂
岩が多く、圧倒されるような景色が随所に見られます。御在所岳を代表するアカヤシオをはじめ、3月下旬~6月上旬は麓から山頂にかけて新緑や花が見頃。頂上まで御在所ロープウェイ、観光リフトも往復しています。
 

seasontrip-4-008
(写真提供:御在所ロープウェイ)

 
 
入道ヶ岳 (三重県鈴鹿市)
標高:906m
初心者におすすめルート:愛宕神社登山口~山頂
猿田彦命を祭る山麓の椿大神社の御神体にもなっていて、山頂に奥の宮があります。鈴鹿7マウンテンの中でも比較的登りやすく、山頂付近の広い平原からは鈴鹿主稜線や麓の町並みが見渡せます。
 
seasontrip-4-009
 
 
 
低山ハイキングに行く前に、準備しておきたいものは?
 
登山用シューズ・ザック、雨具など。登山用シューズは足首をホールドしてくれるので疲れにくく、靴裏の滑り止めがしっかり施されています。登山用のザックはウエストベルト付きで、肩への負担を軽減。また、突然雨が降ったりと、山の天気は変わりやすいもの。ザックに雨具を入れておくと便利です。
 

seasontrip-4-010
低山ハイキングに向いているのは足首をソフトに守ってくれるミドルカット。

 

seasontrip-4-011
左のハイカットは高山向き、右のローカットは平地向きです。

 
コンパクトなクッカーやバーナーを持参して、頂上で軽食やコーヒーを楽しむのも気持ちいいですね!
 

seasontrip-4-012
左より/「アミカスクッカーコンボ」5,537円、「パワーガス250トリプルミックス」583円、「チタンダブルマグ」3,130円、「DINEX クラシックマグ」864円。マグはチタンかプラスチックが軽量でおすすめです。

 

新緑のトンネルを登り、出合える絶景は格別! 写真にこだわる、ミニ図鑑を持参して山の花を調べてみる、大好きなコーヒーを山頂で飲む――など、自分なりの楽しみポイントを見つけると、より充実した低山ハイキングとなりそうですね。
 

(文:広瀬良子)

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop