季節・まち

1人でも友達とでも、カップルでもファミリーでも。“トリップ”といっても気合いを入れて出かける旅ではなく、気ままにふらっと足をのばせるような――。そんな季節を楽しむおでかけリストです。

今年もかき氷の季節がやってきました!昨年HIROBAで人気だったこの特集。口に入れると溶けるようなふわふわ食感、かき氷の進化を表すようなインパクトのある見た目、洋菓子のように仕上げたスイーツ系、地域の銘菓など和菓子とのコラボ…愛知・岐阜・三重でちょっと変わったかき氷を紹介します。中には新商品が登場しているお店も。この夏、かき氷めぐりにハマりそうな予感!
 
 

 
 
 

 

▼杏仁かき氷 (ICE MONSTER/愛知県名古屋市)

 

杏仁を使った日本限定メニューが名古屋に登場!

ラシックB1Fにある台湾発のかき氷専門店「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。フルーツやコーヒーなど素材そのままの味を再現した氷「フレーバーアイスブロック」を削ってできるかき氷は、濃厚でありながら口にいれるとふわりと溶ける新食感。6月1日(金)から発売される「杏仁かき氷(1,220円)」は、杏仁のアイスブロックに練乳をかけ、ライチや黒ごまアイス、ブラウンシュガーゼリーをトッピングした日本限定メニューです。
 

 
 
 

▼かきチョコ氷 (Trees’ Cafe/愛知県名古屋市)

 

濃厚なチョコレートのかき氷に新作2種が登場

東海地方唯一のフォンデュ専門店「Trees’ Cafe(ツリーズカフェ)」。上質なベルギー産クーベルチュールチョコレートを氷にして削り、フルーツをトッピングした「かきチョコ氷」が人気です。今年は、バナナがたっぷり添えられた氷にチョコレートソースをかけて楽しむ「チョコバナナ(1,058円)」と、フレッシュなイチゴが添えられたかき氷に甘酸っぱいイチゴソースをかける「いちごいちご(1,058円)」の2種類が登場。
 

 
 
 

▼極みるく (吾妻茶寮/愛知県名古屋市)

 

口溶けなめらかなエスプーマソースを堪能

創業100年以上の老舗和菓子店が経営する和カフェ「吾妻茶寮」。名物の「抹茶フォンデュ」をはじめ、わらび餅やパフェなど豊富な和スイーツが揃います。1番人気は「エスプーマかき氷」。その中の「極みるく(1,274円)」は、口に入れるとふわふわのエスプーマがなめらかに溶け、濃厚なミルクの風味が残る一品です。宝石のように散りばめられたフルーツは、市場に直接足を運び仕入れた新鮮なものばかり。今年は、宮崎マンゴーをまるごと1個使用した「マンゴー・マンゴー・マンゴー(3,024円)」も登場します。
 

 
 
 

▼抹茶エスプーマかき氷 (抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店/愛知県西尾市)

 

濃厚な西尾抹茶を使ったエスプーマかき氷

2018年2月、西尾歴史公園内にオープンした和カフェ「抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店」。人気メニューは、西尾抹茶をたっぷりと使った「抹茶エスプーマかき氷(972円)」。なめらかな口溶けのエスプーマソースには一番茶を使用。中のシロップには二番茶を使い、渋味をプラスした大人な味わいが魅力です。隣接する「尚古荘」の京風庭園を眺めながら、冷たいかき氷を堪能してみては?
 

 
 
 

▼御福氷 (御福餅本家/三重県伊勢市)

 

老舗和菓子屋がつくる、天然氷のこだわりかき氷

創業280余年、伊勢の地で江戸時代から続く和菓子屋「御福餅本家」。年間を通してさまざまな種類が揃う「御福氷」は、希少な天然氷を薄く削ったふわふわ食感。「御福氷・特撰・濃厚抹茶(950円)」は宇治抹茶を贅沢に使用。本格抹茶の苦みと漉し餡ソースの優しい甘さが調和します。「御福氷  とろけるお餅と黒蜜きなこ(950円)」は、丹波黒大豆の香り豊かなきなこと、氷の中層に入ったとろけるお餅の食感が人気です。
 

 
 
 

▼マンゴーかき氷 (avec mon coeur/三重県志摩市)

 

ふわふわ氷にフルーツとソースがたっぷり!

三重県志摩市で人気のケーキとパンの店「avec mon coeur(アベック モン クール)」。夏季限定のかき氷は、「マンゴーかき氷(800円)」のほか、桃バニラなどみずみずしいフルーツをたっぷり使ったメニューが揃います。今年は11:00から整理券を配布し、12:00からかき氷の提供を開始。旬のフルーツのおいしさとともに、ボリューム満点のかき氷を頬張って。
 

 
 
 
 
 

 

▼アボカドミルク氷 (カフェサブヒロ/愛知県名古屋市)

 

アボカドのマイルドな蜜が新感覚!

美と健康を考え、有機・無添加・手作りにこだわる、コーヒー&スウィーツ専門店の「カフェサブヒロ」。一風変わったかき氷メニューが揃い、「アボカドミルク氷(1,500円)」はアボカドをフルーツのように食べられる新感覚スイーツ。ふわふわの氷にかけるクリーミーな蜜は、熟成アボカドと練乳をベースに、ひるがの高原牛乳と自家製ヨーグルトを使用。新鮮なアボカドスライスがアクセントになっています。
 

 
 
 

▼金でらっクス贅沢半切りメロン氷 (cafe leopard/愛知県名古屋市)

 

メロンを半玉使った人気商品が金箔でさらに豪華に

フレッシュなフルーツジュースやスイーツ、ランチも楽しめる「cafe leopard(カフェ レオパード)」。メロンをたっぷり使ったかき氷が看板メニューで、今年は新商品として金箔をのせた「金でらっクス贅沢半切りメロン氷(1,685円)」が登場。メロン半玉をのせた練乳氷の中には、濃厚なバニラアイスが。金箔の上からは生クリームがかかっています。メロンの品種はクラウンメロン、アンデスメロン、アールスメロンなど、日によって変わります。
 

 
 
 

▼ふわふわかき氷 (本町茶寮/愛知県犬山市)

 

思わず写真に撮りたくなる可愛さ

犬山城下町に佇む、古民家を生かした趣あふれるカフェ「本町茶寮」。犬山名物の田楽やおだんごといった定番メニューもさることながら、ひよこのようなキュートな見た目の「ふわふわかき氷(500円)」が人気です。あらかじめ味をねりこんで氷を作っているタイプなので、ふわふわなめらか食感。桃・いちご・ぶどう・マンゴー・抹茶・プリン・ミルクの7つの味が選べます。
 

 
 
 
 
 

 

▼てらみす (かき氷専門店あんどりゅ。/愛知県名古屋市)

 

生クリームにコーヒーが香り、まさにティラミス!

創意工夫に富んだかき氷を一年中楽しめる「かき氷専門店あんどりゅ。」。保冷効果の高い釜飯用の陶器にこんもりと盛られた氷は、空気がしっかり入ったふわふわに仕上がっています。「てらみす(700円)」は、ブラックコーヒーのシロップが香り、ココアをまぶした生クリームがのった、ティラミスのようなビジュアルのかき氷。他にも約20種類のメニューが揃います。
 

 
 
 

▼いちごヨーグルトエスプーマ (金山とまと/愛知県名古屋市)

 

エスプーマの下に重なる何層もの味わい

ドライフルーツとナッツの専門店、「金山とまと」。生果実やドライフルーツを生かしたかき氷が食べられます。「いちごヨーグルトエスプーマ(950円)」は、ヨーグルト味のふわふわエスプーマがかき氷を覆う雪山のよう。中には、生のいちごをペースト状にし、そこにドライいちごを2日間漬け込んだ濃厚なソースが。中央には、とろりとしたレアチーズとさらにいちごソース。全体が層のようになっていて、最後まで飽きないおいしさです。
 

 
 
 

▼かき氷 ティラミス (緋毬/愛知県名古屋市)

 

名古屋の老舗和菓子店が作る「けずりひ」に注目!

名古屋名物ういろの老舗「大須ういろ」が運営する和甘味「緋毬(ひまり)」では、ベーシックなかき氷から、他ではあまり見ないユニークなかき氷まで幅広いかき氷が楽しめます。「かき氷 ティラミス(870円)」はコーヒー味の蜜がたっぷりかけられた氷に、マスカルポーネを使用したクリームとココアパウダーがのった逸品。食べ進めると、隠れていたコーヒーゼリーが舌を楽しませてくれます!他にも期間限定の「モンブラン」なども要チェックです!
 

 
 
 

▼生チョコ氷 (ぶたとら氷/岐阜県瑞穂市)

 

ほんのりビターな生チョコ氷

かき氷と季節のフルーツがどっさりのった焼きたてワッフルが楽しめる「ぶたとら氷」。「生チョコ氷(レギュラー700円)」は、ふわりとしたボリューム満点の氷に、たっぷりのココアと濃厚な自家製チョコレートソースがかかっています。種類が豊富なトッピングはプラス100円から。おすすめは「ふわふわ生クリーム」。お気に入りのトッピングでふわふわかき氷を楽しんでみては。
 

 
 
 
 
 

 

▼水まん氷 (餅惣/岐阜県大垣市)

 

大垣名物、ぷるぷる水まんじゅうをかき氷に!

156年の歴史を誇る老舗和菓子屋「餅惣」で、4月上旬~9月上旬のみ販売される「水まん氷(600円)」。やわらかな氷を食べ進めると、大垣の銘菓「水まんじゅう」がお目見え。白蜜のみというシンプルさが、氷と水まんじゅうのおいしさを引き立てます。器は大垣の名産品である木枡を使用し、清涼感と風情が満点。また、大垣市制100周年をイメージした水まんじゅうの新作「水まんじゅう –ソラ-」が登場しています。
 

 
 
 

▼豆大福氷 (本家豆大福 だるま堂/岐阜県各務原市)

 

人気の豆大福にわらび餅など和のかき氷!

第二十三回全国菓子大博覧会で内閣総理大臣賞を受賞した、「だるま堂」の豆大福。北海道産光黒大豆や十勝産小豆など厳選した素材で手作りする味は多くのファンに愛されています。6月上旬から10月上旬まで販売される「豆大福氷(594円)」は、粗めのざくざくとしたせんじ味の氷に、豆大福とわらび餅、白玉ぜんざいがのった贅沢な一皿。氷の中にもあんが入っていて満足感たっぷり。
 

 
 
 

▼特選わた雪氷 栗抹茶 (恵那川上屋 本社恵那峡店 里の菓茶房/岐阜県恵那市)

 

恵那川上屋の和菓子が一堂に

岐阜県恵那地方の良質な栗、恵那栗を使用した栗きんとんなどの和菓子を製造販売する「恵那川上屋」。本社恵那峡店には喫茶コーナー「里の菓茶房」があり、夏季限定で販売される「特選わた雪氷 栗抹茶(850円)」が人気です。名前のとおり、まるでわた雪のようなふわふわした食感の氷の上に栗蜜、抹茶蜜、栗ソフト、夏栗きんとん栗観世、さくさくとした食感の黒糖おこしがのったかき氷。かき氷は10:00からの販売です。
 

 
 
 

▼赤福氷 (赤福/三重県伊勢市)

 

並んでも食べたい赤福の名物氷

300年程の歴史を持つ、伊勢の名物「赤福餅」。そのあんと餅の入ったかき氷が「赤福氷(520円)」です。濃厚な抹茶蜜のかかったかき氷の中に入ったあんと餅は、かき氷用に作られた特製。餅は冷えても硬くならず、やわらかい食感を堪能できます。毎年楽しみにしているファンも多いです。夏季限定の商品として販売中です。(本店のみ6月27日より販売)
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop