まち・スポット

新しくオープンしたスポットや、話題になっている場所など。HIROBAで制作したLINEスタンプでおなじみ、キャラクター「HIROBAくん」と一緒に潜入し、魅力を伝えていきます。

 

 
フランス生まれの自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」。森林の中に作られた足場を渡ったり、ジップスライドで遥か遠くまで飛んでみたり。“自分の安全は自分で守る”を原則に、高い木の上で、自分で安全器具を操作し、前に進んでいくのが魅力。まさに、大人は子どもにかえり、子どもは大人になれるような場所です。
 
今回HIROBAくんと出かけたのは、愛知県新城市にある「フォレストアドベンチャー・新城」。広々とした芝生広場やアスレチック遊具のある新城総合公園内にあります。さっそく、スリル満点の5つのコースを楽しみました。
 

 
まずは、ハーネスを装着して安全講習に参加。器具の使い方を教えてもらったら、いざアスレチックへ! 要所にスタッフさんが立っているのが心強い。初めてでも安心してチャレンジできます。
 

 
簡単な1番コースからスタート。低めに作られた足場を渡りながら、アクティビティーの感覚を少しずつ掴んでいきます。一歩踏み出すごとに足場がゆらゆらと動くため最初はドキドキ! バランスを取りながら前へと進んでいきます。
 

 
第2コースに進むと、足場が次第に高い場所に。下を見るとちょっぴり足がすくみますが、森の中は清々しい空気に満ちていて気持ちがいい! コース中に分岐点があり、簡単なコースと難しいコースが選べるのも安心。高いところに自信がある方はぜひ、難しいコースにチャレンジしてみて。
HIROBAくん:「うわ~!見ている方がドキドキするよ」
 

 
この日は、家族連れの姿もたくさんありました。小学生の女の子も、大人顔負けのスピードでそびえ立つ壁を果敢にクライミング!
 

 
10m以上の高さに作られた壁を渡るポイントは、まるで忍者のよう! 焦りは禁物…。腕の力を使ってしっかりホールドを握ります。一歩ずつ、足場を確かめながら慎重に進みます。
 

 
上まで登ったら、ジップスライドでひとっ跳び!視界いっぱいにパノラマ景色が広がります。「フォレストアドベンチャー・新城」に全部で5本あるジップスライド は、高いもので 15m 以上から滑り降りる、スリル満点のアトラクション。全身に風を受けながら、鳥になった気分で向こう側まで一直線!
HIROBAくん:「気持ちよさそう~!!!」
 
地上に降りてしばらくは、空中のふわふわとした感覚が残っていて不思議な気分。木漏れ日を感じる自然豊かなアスレチックは爽快です。
 
 

フォレストアドベンチャーは三重県菰野町にも!

 
フォレストアドベンチャーは、三重県にも2019年3月に「フォレストアドベンチャー・湯の山」がオープン。
 

 

 
アドベンチャーコースでは、長さ100mを超えるジップスライドをはじめ、ターザンスイングなどアクティビティーは40以上。ダブルジップスライドでは、2人同時に跳べるので楽しさも2倍です!
 

 
こちらは吊り橋のように渡る「スティアラップス」。空中散歩気分が楽しめます。
「フォレストアドベンチャー・湯の山」周辺には、開湯1300年を誇る湯の山温泉や、標高1212mの御在所岳にかかる御在所ロープウェイ、澄んだ水で川遊びができる朝明渓谷など、観光スポットがいっぱい。楽しみ盛りだくさんのアクティブな休日が楽しめそうです。
 
(文:広瀬良子)
 

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop