キャラクター「HIROBAくん」と一緒に、NEWスポットや話題のスポットに潜入。 おでかけ三重多気町


 

2021年4月29日に第1期エリア、6月5日に第2期エリアがオープンした三重県多気郡多気町の商業リゾート「VISON[ヴィソン]」。森を切り開いた広大な敷地に木造のスタイリッシュな建築が軒を連ね、ワクワク感が高まります!
 
ミシュランガイドパリ1つ星シェフが手がける「マルシェ ヴィソン」、人気パティシエ辻󠄀口博啓さんのパティスリー&ベーカリー「スウィーツ ヴィレッジ」、6月5日にオープンしたばかりの「本草エリア」「木育エリア」に、HIROBAくんとおでかけしてきました。

 

▼もくじ
1期エリア:4月29日オープン
・マルシェ ヴィソンの新鮮魚介&お肉
・朝採れ野菜が並ぶ市場&スウィーツ
・辻󠄀口博啓さん手がけるスウィーツ ヴィレッジ
・猿田彦珈琲でスペシャルティコーヒー
 
2期エリア:6月5日オープン
・季節ごとの薬草湯で心身を整える本草湯
・和草茶を飲み比べ!本草研究所RINNE[リンネ]
・体験プログラムが充実!kiond[キオンド]

 
3期エリアの記事はこちら→「VISON[ヴィソン]」第3期エリアがオープン!衣・食・住、暮らしを彩るヒントが盛りだくさん
 

パリをイメージした「マルシェ ヴィソン」

 
ミシュランガイドパリ1つ星シェフ手島竜司さんが手がける「マルシェ ヴィソン」には、地元三重県で獲れた魚介や松阪牛、スイーツ、無農薬野菜を中心に販売する産直市場など、14店が並びます。店同士がゆるやかにつながる開放感が魅力。さっそく魚介を売る威勢のいい声が聞こえてきましたよ~!
 

 
こちらは、三重県で唯一の底引き網漁船・甚昇丸の漁師たちによる「第十八甚昇丸」。

 


 
海老だけでも何種類かありましたが、それぞれ色が違います。漁師さんいわく、深い海に生息する海老ほど色が赤いんだとか!赤いシバエビの詰め放題、そそられます。
 

↑店内で販売している「ユメカサゴの丸揚げ」300円(税込み)も人気!

 
その隣にあるのは、マグロ水揚高日本一の那智勝浦漁港で創業120年余のヤマサ口水産が手がける「𦚰口の鮪」。ちょうどマグロの解体が行われています。
 

 

解体したマグロは店内の販売スペースに。すぐさま食べたいくらいおいしそう!
 
窓の手書きメニューがおしゃれなこちらは、フィンガーフードや軽食、ドリンクを販売する「baraque(バラック)」。
 

小さくてころんとした形がかわいい「3色親子チキンバーガー」をはじめ、おすすめメニューの「ローストビーフ丼」をオーダーするお客さんの声が飛び交っています。
 
多角形のガラス窓で仕切られたこちらの店舗は、薪焼きもしくは炭焼きで肉のおいしさを最大限に引き出して提供する「薪炭炙庵 秀」。

 


 
焼き場をぐるりとカウンター席が囲み、豪快に焼いているところを見るのも楽しい、ライブ感あふれる空間です。
 

 
まるごとせせりの薪アロマ焼き、牛タン焼き、牛ホルモン焼き、三重美味し鶏もも肉まるまる一枚のチキンステーキなどが600円~1,100円ほどで注文できるほか、ローストビーフやポークジンジャー、チキンなどを挟んだピタサンドもあります。
 
お隣の「竜吟虎嘯(りょうぎんこしょう)」では、松阪牛や伊勢海老などを落ち着いた雰囲気の店内で味わえます。
 

↑「伊勢松老重」5,000円(税込み)のほか、「三重御前」1,980円(税込み)なども。
 
また、通りのすぐ反対側にはバーベキュースペースも。食材は「rue de Terrasse(リュードテラス)」または、そのほかの店舗で購入できますよ。
 

↑1テーブル3,000円(2時間30分)でバーベキューが楽しめます。
 

朝採れ野菜が並ぶ市場に、たいやきも!

 
無農薬野菜を中心に地元農家さんの野菜がずらりと並ぶ「産直市場」。一般のお客さんもプロの料理人も満足できる品揃えです。
 

↑トマトだけでも、たくさんの種類が!
 


 
変わった野菜もいろいろあって、どんなサラダが作れるかな…とワクワク。
 

 
淡いピンクのミニ大根に、キャベツ+カブのようなコールラビ。
 

 

2色の水菜は、サラダが華やかになりそうですね!
産直市場で売れ残った野菜はスープにして販売したりと、フードロスへの取り組みも。また、できるだけプラスチックを使わず紙のパッケージにするなど、マルシェ ヴィソン全体で環境に配慮した取り組みも行っています。
 


 
伊勢志摩発祥のたい焼き専門店「たいやきわらしべ」です。
 
生地には三重県産小麦「あやひかり」を100%使用し、外はパリっと、中はモチっとした食感。VISONの形をイメージしたという丸い形がかわいいですね!
 


 
実はよく見てみると…、花がついていたり、ヒレの向きが違ったり!梅の花がついている「うめの」、桜の花がついている「さくらこ」、ヒレが前に向いている「わすけ」、後ろに向いている「さくた」と、デザインは4種類あります。
 

辻󠄀口博啓さん手がけるスウィーツ ヴィレッジ

 
辻󠄀口博啓さんが手がけるベーカリー「Mariage de Farine(マリアージュ ドゥ ファリーヌ)」。店内の石臼で三重県産小麦を挽き、厳選した小麦と組み合わせた旨みあるパンをつくっています。
 

 
人気ナンバー1は、「国産小麦のクロワッサン」233円(税込み)。
 

 

伊勢市にある山村乳牛の牛乳を使った「三河みりん&ミルクのセミハードブレッド」233円(税込み)はVISONオリジナル。パンには多気郡多気町で平飼い有精卵を販売するコケコッコー共和国の卵を使用。
 

 

11時をまわる頃には長蛇の列が…!早めの時間に来店するのがおすすめです。
 

 

大きなガラス張りの外観が印象的なこちらは、同じくパティシエパティシエ辻󠄀口博啓さんが手がけるパティスリー「Confiture H(コンフィチュール アッシュ)」。
 


 
ショーケースには美しいケーキがずらりと並んでいます。
 

 

VISON限定の「アムール・ルージュ」テイクアウト600円(税込み)。甘酸っぱい3種のベリーに濃厚なピスタチオが組み合わさり、艶々とした見た目も美しい!
 

 
艶感のあるパープルの球体が麗しいこちらも、VISON限定「サントス」テイクアウト700円(税込み)。紅茶がほのかに香るチョコレートムースと、華やかなブラックベリーの組み合わせです。
 

 

天井が高く開放感のあるイートインスペースで味わうのもいいですね!
 

 

猿田彦珈琲でスペシャルティコーヒーを

 

その奥には、東京・恵比寿で創業したスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲 伊勢国 多気店」の建物も。創業者である大塚朝之さん自ら厳選した高品質のコーヒー生豆を自社で焙煎して、こだわり抜いて提供しています。
 



 
VISON限定の「伊勢国ブレンド」テイクアウト589円(税込み)。上品で豊潤な赤ワインや爽やかなベルガモットの余韻を感じる、滑らかさとクリーンな後味が印象的なコーヒーです。
 

↑三重県熊野市のみかん・新姫を使ったVISON限定メニュー「三重県産 旬のみかんとハーブのフレンチトースト」500円(税込み)。
 

カリッと焼いたフレンチトーストにふわふわのホイップクリームと「新姫」のフレッシュな果汁、ハーブの爽やかなオリジナルソースをトッピング。
 
さて、次はいよいよ6月5日にオープンした第2期エリアへ。
 

 

季節ごとの薬草湯で心身を整える「本草湯」

 
もともと7年前に「多気の薬草を使って入浴施設ができないか」というところがスタート地点だったヴィソン。1番の肝入りエリアとなるのが「本草(ほんぞう)エリア」です。
 
「本草湯」では、旧暦で季節を表す二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに細かくわけた七十二候(しちじゅうにこう)に基づいてオリジナルの本草七十二候の歌をつくり、その歌に合わせた薬草湯で心身を整えることができます。
 


↑本草湯は大人800円、3歳~小学生400円。露天風呂1つ、内湯が2つあります。
 
6月5日現在は二十五候にあたり、「雨音歌(あまおとがうたう)」と題して、乾燥させた芍薬の花を麻袋に入れて湯に浮かべられています。季節ごとに替わる72種類の薬草湯が楽しみです。
 

↑ダイナミックな自然が目の前に広がる露天風呂。
 
西麻布・鎌倉で話題のミネラルミスト浴も。天然ミネラルを豊富に含んだ40度のミストを10分浴びたら、休憩スペースで10分休憩。交互に繰り返すことで代謝が上がり、疲労回復や免疫力アップ、ダイエット効果などが期待できるんだとか!
 

↑自然を望める休憩スペース。ミストサウナは2時間4,000円(税込み)。

 
本草湯に隣接して、“日本一予約が取れない日本料理店”と名高い「賛否両論」のオーナーシェフ・笠原将弘さんが監修する「笠庵 賛否両論」があります。
 

 
オーナーの笠原将弘さんが三重の食材をアレンジした和食メニューがずらり。おすすめは、季節の八寸盛りに、魚か肉のメインを選べる「笠庵おまかせ御膳」3,500円(税込み)。
 


↑「笠庵おまかせ御膳」の八寸盛り。
 

 
お風呂あがりにさっぱり味わえる、「賛否両論のすだち蕎麦」1,400円(税込み)。すだちの果汁が爽やかで、最後の1滴までつゆを飲みほしたくなる味わいです。
 


↑かわいい入れ物に入った「お子様ご膳」1,500円(税込み)。
 

 

和草茶を飲み比べ!「本草研究所RINNE[リンネ]」

 


 
「本草研究所RINNE[リンネ]」では、植物療法士・鈴木七重さんが調合した和草茶三種の飲み比べが楽しめます。ヴィーガンクッキー付きで1,300円(税込み)。自然のサイクルにあった和草茶は一期一会のお楽しみ!
 


 

ナチュラルな雰囲気の店内では、和草茶をはじめ、健やかな暮らしに関わる生活雑貨や石けん、コスメや食材なども購入できます。
 

 

体験プログラムが充実!「kiond[キオンド]」

 

 

木育エリアにオープンしたのが、ファミリー向けに遊び場の運営を行うカーゾックの新業態となる木と森の体験施設「kiond(キオンド)」。
 
ライブラリーカフェには、木や草花、いきものなどの本約1500冊を所蔵。コーヒーなどドリンクを楽しみながら、ゆったりと読書のひとときが過ごせます。
 


 

隣には親子向けの読書スペースも!
 


 
絵本は「かんじる、あそぶ、まなぶ、ふれる」でジャンル分けされています。
 

 
プレイグランド「キノパーク」には、国産杉や尾鷲ヒノキを使い、建物と一体になった大きなジャングルジムでのびのび遊べます。
キノパーク:子ども最初の30分600円(10分延長ごとに100円、平日のみフリーパス1,100円あり。保護者1人600円)※子どもは18歳以上の保護者の同伴が必要
 

 
日替わりのワークショップは、切り出した木からスプーンをつくったり、手道具で本格的な家具をつくったり。ときにはチェーンソーンを使って豪快にオブジェをつくることも!
 
また、周辺の森の散策や焚き火おこし、おこした火でバーベキューをしたりと、屋外でのアクティビティも日替わりで開催されるというから楽しみです。※ワークショップやアクティビティはkiond予約サイトより事前予約制
 


 
三重の魚介やお肉、新鮮な野菜がパリのマルシェのような雰囲気で楽しめる「マルシェ ヴィソン」に、人気スウィーツやパンが楽しみな「スウィーツ ヴィレッジ」、そして多気の薬草で心身を整える「本草エリア」に自然体験が満喫できる「木育エリア」と、魅力がいっぱい詰まったVISON[ヴィソン]
 
360度ぐるりと幾重にも連なった山々を望むロケーションは、まさに心身が元気になれるような場所!のんびりとした休日を過ごしに訪れてみて。

 
3期エリアの記事はこちら→「VISON[ヴィソン]」第3期エリアがオープン!衣・食・住、暮らしを彩るヒントが盛りだくさん
 

そのほかのおすすめ記事
 
アクアイグニスが手がけるパーキングエリア「愛知多の種」
記事はこちら→アクアイグニスが手がける注目のPA「愛知多の種」へ、知多半島ドライブ
 
木の温もりを感じて遊び、くつろぐ。2021年3月オープン「カカミガハラ パーク ブリッジ」
記事はこちら→木の温もりを感じて遊んでくつろぐ。「カカミガハラ パーク ブリッジ」がオープン!
 
袴姿で建築巡り!「博物館 明治村」
記事はこちら→大河ドラマで話題の渋沢栄一ゆかりの建築も!袴姿で巡る明治村
 

(文:広瀬良子) 
 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop