懐かしの朝市から歴史ある建物探訪まで。三重県・桑名さんぽでレトロ気分

国の重要文化財「六華苑」

東海道の宿場町であり、交通の要衝として栄えてきた三重県桑名市には、風情を感じる街並みや建築物、1953年から始まっている朝市「三八市」など、レトロな気分に浸れる場所が多くあります。桑名駅からてくてく歩きながら、のんびりとした時間の流れを感じるスポットをHIROBAくんと巡りました。

もくじ

多くの人で賑わう名物朝市「三八市」

名物朝市「三八市」

JR・近鉄桑名駅から東へ徒歩で約10分。八間通りをまっすぐ歩いていくと、寺町通りの入り口が見えてきます。ここは古くから親しまれる寺町通り商店街。200mほどのアーケードに、和菓子店や惣菜店、衣料品店などさまざまなお店が軒を連ねています。毎月、3と8のつく日に開催される「三八市」には、桑名市内外からやってくる農家の路面店や、この日だけのグルメも登場するのだそう。さっそく名物朝市へGO!

名物朝市「三八市」

↑新鮮な野菜がずらり。値段もリーズナブルです。

名物朝市「三八市」

↑近くの桑名別院本統寺などへの参拝客が多く、商店街として発展したそう。

名物朝市「三八市」

↑焼きたてのみたらし団子が柔らかくてもっちもち!

名物朝市「三八市」

三八市にはさまざまなジャンルのお店が50店舗ほど参加しています。野菜、魚介、惣菜、練り物、パン、スイーツ、切り花、雑貨類、団子やお好み焼などの食べ歩きグルメなどなど……、挙げ出したらキリがありません。見て回るだけでもなんだかウキウキ、お店の人との会話も楽しい!

名物朝市「三八市」

↑商店街入り口付近にあるてらまち広場。その横には駐車場もあります。

商店街の隣にはトイレやベンチがある「てらまち広場」があり、商店街内で使用可能なショッピングカートも。のんびり、ゆったり歩きながら商店街での買い物を楽しむことができます。

和洋折衷の建物!? 国の重要文化財「六華苑」

寺町通り商店街から北へ向かって徒歩10分。国の重要文化財・六華苑へと向かいます。「桑名七里の渡し公園」を突っ切っていくと近道です。

国の重要文化財「六華苑」

↑六華苑の隣にある「桑名七里の渡し公園」。休憩所もあるので、三八市で買った甘味などをここで食べても。
 

六華苑の入り口をくぐって進むと、素敵な洋館が見えてきました。

国の重要文化財「六華苑」

ただの洋館ではありません。鹿鳴館の設計で有名なイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが手がけた洋館に、和館がつながっている建築物なのです。

国の重要文化財「六華苑」

↑庭園から池を挟んで。国の名勝に指定されている庭園も手入れが行き届き、見事です。

建物に近寄ってみると、確かにパステルブルーの洋館に純和風建築がドッキングしています!なんだか不思議な心持ちに……。

国の重要文化財「六華苑」

↑実業家である二代諸戸清六の新居として作られた六華苑。初めから洋館と和館をくっつけて建てられたそうです。

国の重要文化財「六華苑」

↑数々の映画やドラマに登場した階段。

中へ入ると歴史を感じる空間が広がり、一気にタイムトリップしたような気持ちに。どこを切り取っても絵になるので、結婚式の前撮りなど記念撮影にも利用されるそうです。ドレスも映えそうだし、その気持ちわかる!

国の重要文化財「六華苑」

↑暖炉や一部の家具は二代諸戸清六が住んでいた当時のままになっています。

国の重要文化財「六華苑」

↑庭園を一望できる2階のサンルーム。

国の重要文化財「六華苑」
国の重要文化財「六華苑」

↑和館にある客間はさすがの風格です。

桑名が三重の玄関口と言われる理由

桑名七里の渡し場跡 伊勢国一の鳥居

六華苑から少し南下すると、桑名七里の渡し場跡 伊勢国一の鳥居にたどり着きます。江戸時代、名古屋市熱田区の「宮宿」と桑名宿は海路で結ばれていましたが、海上七里であったことから「七里の渡し」と呼ばれていました。この渡し跡にある鳥居は、東国からの旅人にとって、伊勢国への玄関口。この鳥居は、伊勢神宮の式年遷宮ごとに建て替えられています。

水門統合管理所

周辺は公園として整備されており、のんびり散歩するのも気持ちがいい!

川沿いに建つ水門統合管理所は、かつて桑名城の隅櫓(すみやぐら)の一つでもある蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)を復元していて、2階は展望台になっています。

「宿場の茶店 一(ハジメ)」でほっと一息

宿場の茶店 一(ハジメ)

一の鳥居のすぐそばにある「宿場の茶店 一(ハジメ)」は、ほっと一息つける小さな休憩処。伊勢茶や抹茶などのドリンク類や甘味が味わえます。

寒い日に人気のメニューは「あったか白玉とお飲み物セット(800円)」。

宿場の茶店 一(ハジメ)

あったかもちもちの白玉を、ソースやあんこをつけていただきます。ソースは抹茶、黒蜜、キャラメル、きなこ、黒胡麻の中から3種類を選ぶことができるため、最後まで飽きが来ずにペロリ!

白玉を追加できる「追い白玉(3個100円、7個200円)」や、「追加バニラアイス(100円)」があるのもうれしいですね。

セットのドリンクは「抹茶ラテ」をオーダー。こちらは桑名のお茶屋さんから仕入れた本格抹茶を一から立て、泡立てたミルクとあわせるという本格的な作り。抹茶の苦みと香りが豊かで、抹茶好きにはたまらない一杯です。

宿場の茶店 一(ハジメ)

もう一つ、ハジメで人気の甘味がどら焼きです。イートイン、テイクアウトともに可能で、ベーシックな「あんこ(180円)」のほか、「あんことマスカルポーネ(230円)」や「栗とクリームチーズ(230円)」などの変わり種も人気なのだそう。今後は新フレーバーも登場予定とのことで、こちらも楽しみです。

桑名

気分はすっかり江戸時代の旅人。桑名を満喫し、家路へとついたHIROBAくんなのでした。

(文:河合春奈)

あわせて読みたい
モーニングからランチ、おやつまで。大須で台湾旅気分を満喫! アジアからヨーロッパ、アメリカなど世界さまざまなグルメのほか、フィンガーフードやファッション、雑貨などの店が集まり、幅広い世代で賑わう大須エリア。魅力はいろ...
あわせて読みたい
長良川鉄道で美濃市「うだつの上がる町並み」へ。グルメと雑貨と美濃和紙の満喫旅 岐阜県美濃市にある、古民家が建ち並ぶ落ち着いた雰囲気の「うだつの上がる町並み」。ユネスコ世界無形文化遺産にも登録され、サスティナブルな視点から注目されている...
あわせて読みたい
覚王山・日泰寺参道さんぽ。大人気パティスリーやレトロスポットも!! 名古屋の中で「住みたい街ランキング」上位に輝く千種区覚王山エリア。日泰寺の参道には、趣あるお店やイマドキ女子たちが足を運ぶオシャレスポットが揃います。人気パ...

三八市
住所三重県桑名市寺町通り
開催日時毎月3・8のつく日の午前中 ※1/3はお休み
問い合わせTEL 0594-21-5416(桑名市物産観光案内所)

https://www.teramachi-kuwana.com/

六華苑
住所三重県桑名市大字桑名663-5
開苑時間9:00~17:00(入苑は16:00まで)
定休日月曜(月曜が祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/3)
入苑料高校生以上460円、中学生150円(小学生以下は無料、ただし付き添いが必要)
問い合わせTEL 0594-24-4466

https://www.rokkaen.com/

宿場の茶店 一(ハジメ)
住所三重県桑名市川口町8
営業時間11:00〜18:00
定休日毎週月曜
駐車場店舗横に2台 ※満車時は近隣(徒歩約2分)の無料駐車場をご利用ください。
問い合わせ080-8251-5056

宿場の茶店 一(ハジメ)公式サイト

シェアしてね!

新着情報

新着情報
もくじ
閉じる