料理するのが楽しくなる! 東海エリア発のキッチンアイテム6選

もくじ

無水調理に最適な鍋として人気の「バーミキュラ」

無水調理に最適な鍋として人気の「バーミキュラ」

使い勝手がよく、信頼できるキッチンアイテムがあれば、料理するのが楽しくなり、一口食べれば「料理上手になったかも!」なんて気分が味わえるかもしれません。今回は自宅で料理するのが楽しくなるような東海エリア発のキッチンアイテムを紹介していきます。

愛知県名古屋市にある愛知ドビーが生んだ、無水調理に最適な鍋として人気の「バーミキュラ」。蓋と本体の間を紙1枚すら通さない精密さと、鍋の中でバランスよく熱が伝わる構造が特徴。食材のもつ水分や油分を活用し、水を使わず短時間でおいしく、ヘルシーな料理が仕上がります。ダブルハンドルで持ち上げやすいのも魅力。淡くやさしい色合いのラインナップは、ナチュラル派のキッチンにも似合います。

バーミキュラ

↑開発した愛知ドビー代表取締役副社長の土方智晴さんいわく、「完成したバーミキュラで初めて作ったカレーの味は今でも忘れられない!」とのこと。

あわせて読みたい
町工場が生んだ世界に誇れる鋳物ホーロー鍋【バーミキュラ】前編     究極の無水調理を可能にするメイドインジャパンの製品   ここ数年、自宅での料理にこだわる人が増えたり健康志向への高まりなどから注目が集まって...

バーミキュラを使ったおすすめレシピはこちら

バーミキュラを使ったおすすめレシピ
あわせて読みたい
【バーミキュラ】番外編/切って入れるだけで簡単!素材本来のおいしさが堪能できるバーミキュラレシピ 前編はこちら 後編はこちら     前編、後編にわたり、こだわりや製造工程などを紹介してきたバーミキュラ。番外編では、バーミキュラを製造する愛知ドビー株...

錦見鋳造が開発した「魔法のフライパン」

一般的な鋳鉄製フライパンが5㎜前後というなか、1.5㎜の薄さと驚きの軽さを実現したのが、三重県桑名郡木曽岬町にある錦見鋳造が開発した「魔法のフライパン」。1.5㎜の薄さにより熱効率が抜群。さっと加熱しただけで食材の旨みを閉じ込めてくれます。また、原料の鉄に加えられた「炭の粉」の遠赤外線効果により、食材の中からも加熱し、食材の風味や食感を損なうことなく調理できるという優れもの!

魔法のフライパン

↑扱いやすい軽さと料理をおいしくする「魔法」が詰まっています。

あわせて読みたい
料理に驚きの魔法をかける、鉄鋳物のフライパン【魔法のフライパン】前編   無駄のないフォルムに、重厚感のあるマットな黒色。一見するとシンプルな鋳鉄製フライパンに見えますが、実は長年のものづくりにより培われた高い技術が詰め込ま...

伊賀焼窯元・長谷園(ながたにえん)が手がける「かまどさん」

土鍋で炊いたごはんはおいしいに違いないけれど、火加減の調整がむつかしそう!そんな心配を払拭してくれる土鍋が、三重県伊賀市にある創業180余年の伊賀焼窯元・長谷園(ながたにえん)が手がける「かまどさん」。なんと、“火加減いらず、吹きこぼれなし”の土鍋です。一口食べた瞬間まず「ごはんが甘い!」と感じるだけでなく、“呼吸する土”といわれる伊賀の土により、冷めてもおいしい状態を保ってくれます。

伊賀焼窯元・長谷園(ながたにえん)が手がける「かまどさん」

↑白米三合なら中強火で約13分、蒸らし20分で炊き上がります。

あわせて読みたい
“始めちょろちょろ、中ぱっぱ~”のおいしい土鍋ごはんが、火加減いらずで炊ける【かまどさん】前編   おいしいごはんを炊く極意として昔からいわれてきた、「始めちょろちょろ、中ぱっぱ、じゅうじゅうふいたら火を引いて、赤子泣いてもふたとるな」。 蒸らした後...

酵素玄米Laboが開発「Labo炊飯器」

続いてこちらは、酵素玄米を自宅で手軽に炊ける「Labo炊飯器」。酵素玄米研究家の吉田美香子さんと超高圧力炊飯器エンジニアの畔柳幹也さんが運営する酵素玄米Laboが開発。酵素玄米を炊くには熟成時の温度管理が難しいといわれるなか、「Labo炊飯器」は熟成時の保温の温度と水分管理を自動で調節。噛み応えのあるさっぱりした味わいから、粒がねっとりして深みのある味わいまで、好みに合わせて炊くことができます。

Labo炊飯器

↑低温仕込みモードでは、パンの発酵や醤油麹・塩麹・甘酒、ヨーグルトなどの発酵食品も作れます。

あわせて読みたい
毎日食べて健康に。酵素玄米が家で手軽に炊ける【Labo(ラボ)炊飯器】前編 愛知県西尾市の海岸沿い、美しい景色の中にたたずむカフェ「酵素玄米Labo(ラボ)」。ここで、酵素玄米を家で手軽に炊くことのできる「Labo(ラボ)炊飯器」が生まれま...

四日市市にあるMOLATURA(モラトゥーラ)が生み出した「best pot(ベストポット)」

蓄熱調理と無水調理の機能を持ち合わせた土鍋が、三重県四日市市にあるMOLATURA(モラトゥーラ)が生み出した「best pot(ベストポット)」。約200℃まで温度を上げることができる二重構造と羽釜(はがま)形状により、朝に食材を入れ沸騰させて火を止めておけば、夕方には煮込み料理が完成。また、調理したスープは3時間放置しても60℃ほどの温度をキープ。料理の時短にも最適です。

best pot(ベストポット)

↑食卓にそのまま置けるデザイン。パステルカラーのラインナップです。

あわせて読みたい
蓄熱調理で手軽に、旨味も逃がさない!鋳物と土鍋を組み合わせた【best pot】前編 手間をかけずに美味しい料理ができたら…。そんな主婦の願いを叶える、蓄熱調理と無水調理の機能を持ち合わせた土鍋「best pot(ベストポット)」が2018年4月に発売され...

三重郡菰野町にある「かもしか道具店」の擦り鉢「すりバチ」

最後に紹介するのは、溝がないのにしっかり擦れるという、一風変わった擦り鉢「すりバチ」。こちらは三重県三重郡菰野町にある「かもしか道具店」の人気商品です。内側に鉄を塗り、ザラザラとした質感が特徴。そのため溝がなくてもしっかり粉砕できて、器としてそのまま食卓に出せるのです。ゴマ和えだけでなく、ジャガイモやカボチャ、豆腐をつぶしたり、ふりかけを作ったりと、幅広く活用できます。

すりバチ

↑サイズは3種類、白・黒・茶・藍の4色展開です。

あわせて読みたい
溝がないのにしっかり擦れて、器としても使える。食卓に幸せを届ける「かもしか道具店」【すりバチ】前編 後編はこちら→溝がないのにしっかり擦れて、器としても使える。食卓に幸せを届ける「かもしか道具店」【すりバチ】後編   溝がないのにしっかり擦れる。素材が溝に...

自分にとって使い勝手のいいキッチンアイテムは、料理をするうえで心強い味方に。料理時間が楽しく、味もおいしく! ダブルでうれしいラインナップです。

シェアしてね!

新着情報

新着情報
もくじ