体験

「しょく」=食、職、触。さまざまな情報を手に入れることがたやすくなった今の時代においても、生の体験、実際に自分の手で触れることを大事にしていきたい。1人でも、友人やお子さんとでも。「触れる」魅力を宝物に。

自然派志向の高まりから、注目を集めているミネラルファンデーション。ミネラルファンデーションとは、ミネラル(天然の鉱物)を使ってつくられたファンデーションのこと。その鉱物(セリサイト)が日本で唯一採れるのが愛知県北設楽郡東栄町。白くて純度が高く、安全性に優れていることから、世界でもトップシェアを誇ります。
 
そんな、世界が注目する美の採掘現場を見学し、ミネラルパウダーファンデーションが自分でつくれる場があるとのこと! さっそく東栄町へ足を運んでみました。
 
山深く、自然豊かな東栄町。東栄町といえば、国の重要無形文化財にも指定されている「花祭」が有名ですよね。町にも至るところに花祭の看板が掲げてあります。東栄駅から国道151号を車で走り、セリサイト採掘鉱山に到着しました。
 
syokuiku_06_2
 
鉱山の入口には、神様が祀られています。鉱山は昔から女性の神様がいると考えられていて、仕事で入るのは男性に限られていたそう。コスメの原料の採掘現場ということで、ここでは女性も入れるように。神様に二礼二拍手一礼をしてから、中に入ります。
 
syokuiku_06_3
 
案内してくれた男性は、セリサイトを採掘している三信鉱工の社長さん。セリサイトがある場所を探しながら手作業で前や横、上に堀っていき、今までで三信鉱工が掘ってきた総数は20kmにも及ぶそう! ときには上に10m以上掘り登っていくことも。
 
syokuiku_06_4
 
木で足場がつくってあり、上に向かって堀り進められている現場。
 
syokuiku_06_5
 
syokuiku_06_6
 
採掘したセリサイトはトロッコにのせて手押しで運びます。1台あたり1トンほどの重さ! 掘るのも運ぶのも、足場をつくるのも、穴を補強するのも、すべて手作業。
 
syokuiku_06_7
 
採掘したセリサイトを触らせてもらいました。まだ湿り気がありますが、滑らかな手触り。
 
syokuiku_06_8
 
中は小さなランプが点々とついている程度で、洞窟といった感じ。鉄だとさびたり修復が難しいとのことで、木枠で天井や壁が補強されています。2列になると道がふさがるくらいの狭さ。見るものすべてが非日常すぎて、ドキドキします。
採掘現場をでると、太陽の日差しがまぶしく、急に現実に引き戻されたような感覚に包まれました。
 
syokuiku_06_9
 
山道を歩いて車に戻ります。午後からは、ここから車で15分ほどの場所にある「のき山学校」でミネラルファンデーション作りです。
 
syokuiku_06_10
 
平成22年に閉校した旧東栄町立東部小学校を利用し、現在は地域交流や活性のフリースペースとして活用されている「のき山学校」。教室の1つを使って、ミネラルファンデーション作りを行います。
 
黒板のある教室に机が並べられていて…懐かしい雰囲気!
 
syokuiku_06_11
 
まずは、ファンデーションについての講義。
先生:「ミネラルファンデーションは何からつくられているか知っていますか?」
・・・・・・。
そういえば、ファンデーションの原料って考えたことがありませんでした。
先生:「ファンデーションは肌に触れるものだから、食品を選ぶときと同じように成分表示を見てみるといいですよ」。
 
ミネラルファンデーションの原料は
*セリサイト(絹雲母) 成分表示にはマイカと記載されていることも。
雲母の中で1番粒子が細かく、透明感のあるファンデーションに。国内では東栄町でのみ産出されています。
*カオリン
粘土を乾燥させたもの。ミネラルを豊富に含み、吸収、吸着、収れん、洗浄作用などがあります。
*マイカパール
雲母を主原料とする鉱物を粒子にしたもの。パールのような艶がでます。
 
そのほか、紫外線防止効果のある二酸化チタンや酸化亜鉛(亜鉛華)、大地に含まれている成分からつくられた着色成分のアースピグメントなど。
 
syokuiku_06_12
 
東栄町で採れたセリサイトをはじめ、カオリンなどの成分を計量し、すり鉢で混ぜます。
 
syokuiku_06_13
 
混ぜれば混ぜるほど、粒子が細かくなるのだそう! 粉といえども、一生懸命混ぜていると汗がじんわり。
 
syokuiku_06_14
 
アースピグメント(色素)を加え、好みの色になるまで混ぜます。肌の赤みが気になる場合は黄色を多めに、くすみが気になる場合はピンクを多めにすると良いそう。
 
syokuiku_06_15
 
腕の内側にぬってみて、もとの肌色と違和感なければできあがり。
 
syokuiku_06_16
 
ふるいにかけて、パッケージに入れます。
 
syokuiku_06_17
 
ファンデーションって自分で作れちゃうんですね! 何だか感激です。
今日私が参加した鉱山探険&ミネラルファンデーション作り体験は毎月第2土曜に開催。このほか、東栄町の自然素材を使った、
*チーク&アイシャドウ
*リップクリーム
*バスボム
*せっけん
*フローラルウォーター
*ルームスプレー
*ボディパウダー
の手作り体験も随時開催しています。
 
syokuiku_06_18
 
こういった企画を立ち上げたのは、東栄町観光まちづくり協会の大岡千紘さん。4年前に地域おこし協力隊として和歌山から東栄町に移り住み、地域活性に取り組んでいる中で、前出の三信鉱工の社長さんと一緒に考案したのだそう。
 
「東栄町は自然が豊かで、温泉をはじめ、お茶やハチミツ、ハーブ、ゆずなどの栽培も盛ん。美につながる資源が豊富なんです。水道水も川の水から微生物だけを取り除き、カルキを使っていなくて、とてもおいしいんですよ!」。
 
自然の恵みがいっぱいの東栄町。体験に訪れがてら、周辺をぶらぶら散策してみるのも癒しの休日となりそうですね!
 
(文:広瀬良子)
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop