クローズアップ

キャッチコピー好きなHIROBA編集部員が、毎月お題についてのキャッチコピーを考えていきます。3月のお題は「エイプリルフールが楽しくなる」キャッチコピー。
きたる4月1日、嘘をつこうかつかまいか…そわそわドキドキしますね!

 

<今月のキャッチコピー大賞>

 

 

嘘つきはユーモアのはじまり

 

「嘘つきは泥棒のはじまり」といわれますが、エイプリルフール限定のおちゃめな嘘は人を楽しませることができる「ユーモアのはじまり」です。

 

コピー:近藤奈津季
デザイン:安井潮香

 
 

<そのほかのキャッチコピーはこちら>

 

一年に一度、我が家では100円の肉が1000円になる。

 

本当は100グラム100円のいつものお肉だけど、「高級なお肉」だと食卓に出してみる。
みんなが美味しい!と満足して食べ終わったらネタばらし。
騙されても「ワッハッハ」。幸せになる嘘からは笑顔が生まれます。

 
 

いつもは嘘つき。今日ならコメディアン。

 

いつもは悪者扱いされる嘘も、今日ならまわりを楽しませる武器に変身!

 
 

「酔っちゃった♡」も許されます。

 

エイプリルフールは、かわいい嘘がつける日。
好きな人に甘えるチャンスです。

 
 

サバを読む でタラめ ホラを吹く エイぷりるふーる

 

決して魚介が嫌いなわけではありません。

 
 

1日限定、自分解放。

 

空気を読んだり、同調したり。自分らしく生きたいと思いながらも、現代社会では多数派に属するための気苦労もたくさん。
1日ぐらい偽りの自分に“噓”をついて、堂々と過ごしてみませんか?
正直な発言をして周りに「えっ?」と思われても、「今の噓ですよ」の一言で逃げられるんですから。

 
 

4月も引き続き、キャッチコピー企画を予定しています。
HIROBA公式ツイッター(https://twitter.com/hiroba_magazine?lang=ja)でも不定期でキャッチコピーをつぶやいていくので、皆さんお気に入りのコピーに「いいね!」してみてくださいね。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop